キノの好きな天才万博について

「投資は怖い」と初心者が感じる3つの勘違いとそうでもない理由とは?

投資が怖いアイキャッチ画像

こんにちはキノ(@kinolife3)です。

キノくま

2019年より色々と投資について勉強してみては実際に運用してみたりなど、トライ&エラーを繰り返していますが、今のところ2019年以降の実際の投資で損をしたものは一つもありません…ので、エラーは無しですね。

今運用(投資)しているもの

僕は全くの投資初心者で昨年よりFX投資を始めて、現時点で4%程度の運用プラス。
AI投資や株式投資はFXに比べると少し利率は下がりますが、それでも利益はプラスで運用できています。

いわゆる勝率100%を実践しています。

キノくま

もちろん変動はあるのでなんとも言えませんが、全体を通してプラスを維持している率は高いと思います。

投資は怖い?
記事では投資が怖いと感じる点をまとめています。
ただ、実際のところはそうでもない事も多くあります。
投資を体験して感じる総合的な感想についてまとめています。

初心者が「投資は怖い」と感じる点や理由とは?

投資というキーワードに対して日本人が感じやすいイメージは「お金を稼ぐことの背徳感」と「元本割れのリスクがある」などがあります。

そのため、お金を稼ぐことは悪いことだ…、楽して儲けるなんて怪しい…など、お金に対してのイメージはもちろんのこと「投資」というだけで抵抗感を感じる方も多いのではないでしょうか?

投資は怖いものという「勘違い」

  • 投資はギャンブル!リスクが高くて怖い
  • 投資はお金持ちがするもの
  • 元本割れしない預金が1番安心

おおよそ初心者が投資を始めない理由にあたる「投資に関する勘違い」は上記の点だと思っていますが、実際のところはそうでもないよ…と思うのです。
実際初心者が初めてもプラスになっているので…。

投資はギャンブル!リスクが高くて怖い

投資はよく「投資」と「投機」という表現でも表されますが、ギャンブルと何が違うの?
と感じている人も多いはずです。

ギャンブルみたいなもの…と感じている人は「投資」の事を「投機」と思っている人が多いように感じます。

投資とは
利益を得る目的で事業などに資金を出すこと。比喩的に、将来の利益のために多額の金銭を投入すること。
投機とは
不確実だが当たれば利益の大きい事をねらってする行為。
市価の短期間の変動の差益だけをねらって行う売買取引。

僕は実際FXを始めたときはどちらかと言えば「投機的」なものとして考えていましたが。
FXは投資と言うけれど、不確実だよね…。
短期の市場差益だけを狙っているよなーって感じていました。

ただ投資は何も「市場変動」だけを狙ったものではないですし「配当」や「金利」を狙える商品もあるので、投資の性質を知る事で、リスクは最小限に抑えることが可能です。

低リスクなものであれば、国の個人向け国債などがあります。
個人が国にお金を貸して金利を得るという商品なので、元本割れのリスクがほぼなく、安全に運用することが可能です。

本格的に投資を考えたり、収入としての投資(運用)を考えると「利益率」や「再現性」なども重要な項目に上がるかもしれませんが、安全に運用することだけを考えれば、投資のリスクは極力減らすことが可能です。

投資はお金持ちがするもの

投資はお金持ちがするもので、お金のない一般家庭の人間がするものではないと感じている人もいるのではないでしょうか?

投資は「不動産」や「株」など、ある程度まとまったお金(元手)が無いと投資できないという印象を持ちやすいですが、積立型(投資信託など)の投資の場合、月々1万円台から投資することも可能です。

証券口座によっては、月々100円からの投資が可能な口座もあるので、投資はお金持ちしかできないというイメージは古いです。

株にしても、FXにしてもレバレッジをかけられたり、購入ロットを細かくすることで、少額投資を可能にしている取引会社も多いです。

実際に半数近くの人が「30万円以内」で投資をスタートしているそうです。

積立投資は短期での利益は期待できませんが、長期的に資産を増やしていくことが目的なので、無理のない範囲で始めてみるのも良いと思います。

元本割れしない預貯金(現金)が1番安心

投資をしない多くの人が投資はリスクがあるから、リスクのない預貯金が安心と考えていると思います。
しかしながら、預貯金にもリスクはあります。

これが投資を始めない人の1番の勘違いだと思っています。

預貯金の1番のリスクは「物価の上昇に対応出来ない」ことだと言われています。

今は100円で買えている商品が10年後100円で買えている保証はありません。
10年後に100円が150円になったとしても、預貯金として置いていた100万円は100万円のままです。

預貯金の金額(元本)は減ることはありませんが、100万円(お金)の価値は落ちてしまう危険性もあるのです。
投資はリスクがあると言われていますが、経済成長とともに成長をしていくものなので、物価の上昇とともに上昇していくものです。

投資をしないことが実は1番怖い

僕は昔からギャンブルも何もしないので、投資をすることが「怖い」と感じていた典型的なタイプなので良くわかりますが、今となっては投資をしないことの方が1番怖いと思っています。

投資をしないことの怖さは「お金の価値への関心」が鈍化すること

投資ではなく預貯金として、資産を積み上げている人の多くはある意味「お金の価値」に意識がなく、貯まった金額に満足している人が多いように感じています。

日本は変動の少ない「円」という通貨が当たり前なので、お金の価値や世界経済に目が向くことが少ないと思いますが「お金の価値」にも関心を持って生きていくことも大事だと感じています。

ちょっと急いで書いたのでまとまりませんが、またこのテーマはしっかり追求したいのでリライトしていきますね。