天才万博 勝手にファンサイト!最新情報まとめ

【薄型&高反発】持ち運べるマットレスGOKUMIN(極眠)の寝心地をレビュー!

薄型高反発ウレタンマットレス極眠のレビュー

こんにちはキノ(@kinolife3)です!

キノくま

普段は30万円を超える超高級マットレスで寝ている筆者ですが、今回は薄型高反発のマットレス「GOKUMIN(極眠)」について、寝心地などをレビューしていきますね。

GOKUMIN(ゴクミン)の購入目的は、キャンプなどの旅行用や来客のため。

時々、僕の母親が泊まりに来るのですが、フローリングに敷布団を直接敷いていたので、寝心地は最悪だったはず。

和室がないので、少しでも寝心地を改善するためにGOKUMINを購入してみました。

あと、お家でキャンプ気分を味わおうと、お部屋にテントを張ってみたところ、少し楽しくなってしまったので、寝心地改善も兼ねて購入。

GOKUMIN(極眠)マットレスとは?

GOKUMIN(極眠)は三つ折り(2層構造)、敷布団マットレス(低反発/高反発)、コイルマットレスなど、さまざまな種類があるベッドマットレスブランドです。

全身をバランスよく支え、過度な沈み込みのない快適な寝姿勢を実現します。

製品タイプにもよりますが、サイズも豊富で、セミシングルからクイーンまで幅広いラインナップです。

GOKUMINは機能性とコスパのバランスが優秀

GOKUMIN(極眠)は、医療関係者が選ぶ寝具ブランド部門で3冠を達成するほど優れたプロダクト。

1万円前後で購入できるマットレスとしてコスパの魅力もとても大きいですが、多くのクチコミで高評価を得ているので、品質の高さも期待できます。

良い点を簡単にまとめるとこの3つ!

キノくま

  • 高密度ウレタン(32D)使用で5年以上の耐久性がある
  • 防臭・抗菌に優れ、調湿効果もあり快適な寝心地
  • やや硬め(180N)で体圧を分散して最高の寝心地

ジラッピ

ウレタンの耐久性はウレタンの密度できまるのよね。

耐久性や質感に関係するウレタンの密度ですが、安価な寝具(20D)の密度だと、平均的な耐久年数は3年前後ですが、高密度(30D)の場合は5年〜8年程度の耐久性があるようです。

GOKUMINでは、製品にもよりますが32D以上の密度のウレタンを使用しているため、リーズナブルな価格ながら、長く使用できる製品設計になっています。

ウレタンの密度も上を見れば、10年以上の耐久性がある50D程の高密度、高級マットレスもありますが、ライフスタイルの変化を考えれば、それほどの耐久性は必要ないのではないでしょうか?

10,000円以下のマットレスでこれだけの耐久性があるのは本当にすごいね。

キノくま

また、マットレスは「硬め」ではなく「やや硬め」の仕上がりになっており、老若男女問わず快適な姿勢で眠ることができる硬さに調整されています。

ジラッピ

長く使う製品だし、なかなか洗濯できないものだから、抗菌・防臭に優れているのはとてもありがたいわね。

GOKUMIN(ゴクミン)のマットレスには、竹炭が配合されているので、抗菌・調湿機能があります。

コイルマットレス、高反発マットレス、低反発マットレスなど、たくさん種類がありますが、僕が購入したのは、敷布団タイプのマットレスです。

キノが購入したのは、折りたたみ可能な敷布団タイプのGOKUMINだよ!

キノくま

ここからは、敷布団タイプのマットレスについてレビューしていきますね。

【購入レビュー】GOKUMIN(極眠) 敷布団 厚さ4cm シングル

パッケージはスタイリッシュでかなりコンパクト。

シングルサイズ(100cm×200cm)を注文したのに、長辺が54cmしかないパッケージが届いたので、注文サイズを間違ったかと思ったよ。

キノくま

GOKUMINのマットレスは圧縮がかけられて丸めて小さくされているので、梱包はとてもコンパクト。

【開封】広げるとふんわり膨らむ!

小さな箱を開けるとマットレス本体と収納袋が収められています。

ジラッピ

くるくる巻かれたマットレスを広げると
圧縮されてはんぺんみたいにぺったんこ。

シングルサイズのマットレスが縦に二つ折りにされて、圧縮されているのですが、かなりぺったんこな印象。

圧縮袋を破って広げると、空気を含んでふっくら膨らみます。

開封はハサミがあると便利!
袋は簡単に破けるんだけど、空気が入るとすぐに膨らんで、袋から取り出しにくくなるから、ハサミで切っちゃった方が楽ちんだよ。

キノくま


長いこと圧縮されていた為か、しばらくはマットレスの真ん中に折り目がついていますが?半日ほったらかしておいたら、折り目もみえなくなったので、復元力がとても高いのだと思います。

厚さ4センチ!人によっては底つき感もあるかも

実際に広げてみて、クッションの触り心地や押し心地を確認してみたところ、押してすぐに跳ね返ってくる弾力と復元力で、たった5,000円台で購入できるマットレスとは思えないほどの品質でした。

実際に寝転んでみたところ、成人男性のおおよそ1.2倍の体重がある僕ですが、お尻が床に着くような底つき感は感じませんでした。

流石に膝立ちすると底つき感はありますが、床置きでも心地よく眠れるくらいの品質の敷マットレスですね。

ジラッピ

布団を床に敷いて寝ている人におすすめかしら。
敷布団の下に敷くだけで、ぐんと寝心地が良くなるわよ。

【おすすめしたい人】GOKUMIN(極眠) 敷布団 厚さ4cm シングル

収納できるコンパクトなマットレスなので、普段は使わないセカンドマットレスが欲しい人にオススメだよ!

キノくま

普段は使わないけれど、ちょっとあると便利なのがマットレス。
収納面を考えると、折り畳みマットレスやソファベッド、エアーベッドなどの選択肢もありますが、手軽に移動できて、簡単に広げられるという点では、クルクルと巻いて収納できる敷布団タイプのマットレスはすごくオススメ。

  • 来客が多くてマットレスがあると嬉しい
  • キャンプや旅行などお出かけが好き
  • 今のマットレスに満足してない人

来客用にマットレスが欲しい人は、もちろん。
お出かけすることが多い人にとてもオススメです。
キノもキャンプ用のテントは持っているのですが、テントは床面積も天井高もないので、薄型のマットレスがちょうど良いですよ。

また4cmしかない薄型のマットレスなので、今使っているマットレスのトッパーや敷パッドとしても使えるので、今のマットレスに満足していないという人にもオススメです。

また、来客用といえど、収納する場所がないという人は、普段はベッドマットレスのトッパーとして自分が使っておいて、来客があったときに、そのマットレスを来客用に使うようにすれば、収納場所を考えなくて良いので、めちゃくちゃ便利ですよ。

ジラッピ

あら!ちょっと欲しくなってきたわぁ。
今のマットレスの上に敷くって言う方法もあったのね!
ほんとに使い方はいろいろあるけど、1万円以内で購入できるマットレスなので、ほんとにオススメ!
迷っているなら是非購入してみてね。

キノくま