FX口座開設で20,000円貰えるキャンペーン!

ドラクエウォークで電力消費を減らしてバッテリーを長持ちさせる方法

9月12日にリリースされて話題沸騰中の「ドラゴンクエストウォーク」は位置情報を活用して、実際のマップとドラゴンクエストの世界が連動して、冒険できるゲームアプリです。
※以下「ドラクエウォーク」に略させて頂きますね。

アプリ内のマップに合わせて、歩きながら敵を倒したり目的地に到達したり、常にゲームが起動した状態になっているので、きっとスマホのバッテリー消費量もきっと多いはずです。

実際、アプリをダウンロードして、30分ほどプレイして歩いたところ、iPhone8の端末で、おおよそ10%ほどバッテリーの残量が減っていました。

ドラクエウォークをもっと楽しむためにも、バッテリー消費量を減らせる方法を紹介させて頂きますね。

電力消費量を減らす設定

ドラクエウォークのアプリ内設定で、電力消費量を減らす設定が可能です。

ゲーム設定で節電

設定画面内のゲーム設定でバイブレーションをオフにすることで消費量を減らすことができます。

ドラクエウォークでは、モンスターの登場時やバトル時にバイブレーションが稼働します。
まずは、バイブレーション機能をオフにしましょう。

手順1
メニュー
ドラクエウォークのマップ画面で、下に表示されている「メニュー」をタップしましょう。

手順2
その他・設定
次に右下の「その他・設定」をタップしましょう。

手順3
ゲーム
「ゲーム」タブをタップして、上から3つ目にある「バイブレーション」をオフにしましょう。
※デフォルトでは「オン」になっています。

システム設定で節電

システム設定内にバッテリー消費量をセーブできるバッテリーセーバー機能があります。
バッテリーセーバーをオンにしよう

手順1
メニュー
ドラクエウォークのマップ画面で、下に表示されている「メニュー」をタップしましょう。

手順2
その他・設定
次に右下の「その他・設定」をタップしましょう。

手順3
システム
「システム」タブをタップして、上から2つ目にある「バッテリーセーバー」をオンにしましょう。
※デフォルトでは「オフ」になっています。

ちょっと検証していないので不確定なのですが「システム」タブ内の「グラフィック簡易設定」を「オン」にするとグラフィックのレンダリングボリュームが変わると思うので、消費電力の節約が出来かもしれません。

スマートフォンの画面を暗くしよう

これ初歩中の初歩かもしれませんが、画面の明るさは一番暗くしてみてください。

画面が暗いとプレイしにくいかと思いますが、実際にプレイしてみると、移動中にオートでプレイできる「ウォークモード」を多用することがほとんどだと思います。

「ウォークモード」中は画面を触ることも少なくなるので、かなり電力消費を抑えてくれると思います。

最終対策はモバイルバッテリー

それでも、ドラクエウォークをたくさんプレイして、バッテリー消費量が気になる場合は、モバイルバッテリーを常時携帯するしかないですね。

一般的なスマートフォンのバッテリー容量は2,000〜3,000mAh程度なので、ちょっと遊ぶくらいなら、そんなに大きい容量のバッテリーじゃなくて良いと思います。

おすすめモバイルバッテリー

3,000mAh以下の超コンパクトモデル

カードタイプやスティックタイプなどかなりコンパクトでスタイリッシュ。

6,000mAh以下のコンパクトモデル

ちょっと大きくなりますが、容量的にも安心なサイズ。大きいといっても化粧ポーチに入るくらいのコンパクトサイズ。

ドラクエウォークは、まだまだ始まったばかりでこれから成長が期待できるゲームアプリです。

まだまだ、初期のうちにたくさん遊んで、ほかのプレイヤーと差をつけたいですね。

是非紹介した方法で、バッテリー消費量を節約しながら楽しくプレイしてみてくださいね。

合わせて読みたい
大容量で価格に優れたおすすめのモバイルバッテリーならcheero