お得なAmazonのチャージで最大20%の還元を受けよう

地域の人気飲食店から招待状(クーポン)が届くレポハピで超優待体験

飲食店を探す方法はクーポンサイトやグルメサイトなど、いろいろな探し方がありますが、無料登録するだけで地域で人気のお店から「招待状」が届く「レポハピ」がすごく話題になっていますね。
SNSを活用しているユーザーの拡散特性や反響結果をデータベースに蓄積して、消費者にぴったりのお店を分析・紹介してくれるサービスみたいです。

無料登録するだけで「自分にぴったりのお店」 が見つかり、人気のお店から招待状(クーポン)が届くなんて、最高ですよね。

今日は実際にレポハピに登録してみながらブログを書いていこうと思います。


はじめに

レポハピは、TwitterやFacebookなどのSNSアカウントと連携することが可能で、自分の投稿や年齢、性別のデータを元にして、オススメのレストランなど飲食店の招待状がもらえるサービスです。

自分に合ったお店を知ることができて、さらに招待状でお得になるプランを紹介してもらえるのでお得なサービスですよね。

お得な事しかなくて、完全無料となると怪しいサービスなのかなあ?と心配になってしまうかもしれませんが、実際に招待状の体験をした後のレビューも強制ではなく、個人情報が利用されたりなどの心配はないようです。

お店側は、お得なクーポンを発行してでも、自分のお店にぴったりなお客様に来店いただけることがメリットなので、1人でも多くのお客様が来店するのを期待しているみたいです。

なので、レポハピに登録したユーザーは、気になるお店があって魅力的な招待状が届いたら、ぜひ行ってみるべきですね。

次はどんな招待状(クーポン)が届くのか紹介していきますね。

どんな招待状(クーポン)が届くの?

招待状の種類は2つあるみたいです。
通常のオファー(招待状)とプレミアムオファー(招待状)の2種類があるようです。

プレミアムオファー

プレミアムオファーはその名のとおり、すべての人が受け取れる招待状ではなく、抽選などで選ばれた人に送られる限定の招待状のようで、無料で食事ができたりするようです。
一度は受けて見たいオファーですね。

通常のオファー

通常のオファーでも結構お得で、プラス1品サービスや食後のサービスデザートなど、ほかのクーポンサイトと比較しても、こちらの方がお得なんじゃないかと思うような内容の招待状が届くので、近くのお店から招待状が届いたら行ってみたくなりますよね。

登録メリットもたくさん

レポハピに登録するメリットですが、招待状(クーポン)が届くだけでも十分お得なサービスですが、招待状以外にも登録のメリットがあります。

例えば…こんな感じ

  • 公式ライターが紹介しているお店の情報を見ることが出来る。
  • 新製品の体験会への参加やモニター登録、懸賞への応募ができる。
  • ハピレポのランクを上げることでお得になることも。

早速登録してみる

モノは試し、やってみる方が早いし、なんたって無料なので登録してみました。

ちょっと手順をまとめてみました。

レポハピの無料会員登録はこちら

無料登録の手順

手順1
登録ページにアクセス

まずはこちらのリンクから会員登録のページへ!
真ん中の会員登録をクリックします。

手順2
SNSアカウントを選択

あなたにぴったりのお店を紹介するために、連携するSNSを選択しましょう!
※メールアドレスのみでの登録はできないようです。

SNSアカウントでの認証を済ませてくださいね。
手順3
基本情報の入力(4ステップ)
①入力に誤りがないかチェックしてください。

②生年月日などの入力
③職業を選択

④エリアの選択
オファーが欲しいエリアの選択をしてください。
キノは京都、大阪、東京、の3カ所を選択しました。

手順4
登録完了
これで登録は完了です。

登録を完了してみました。
登録自体はすごく簡単で分かりやすかったです。
Lv.26というのがどのくらいのレベルなのか、まだ分かりませんが、これからレベルを上げて、プレミアムオファーがきたら記事を改めて書いてみようと思います。
手順5
オファー確認
プレミアムオファーはこんな感じ

通常のオファーは、グルメサイトみたい。

オファーの確認はマイページ内から確認できます。
登録したてのオファーの数は「136」件でした。
東京と大阪という大都市エリアを選択したのでたくさんオファーがあったのかもしれませんね。

登録自体はすごく簡単だったのですが、まだまだ実際に招待状(オファー)を体験したわけではないので、早く体験してレビューしてみようと思います。
あとプロフィールは写真を変えたり、ユーザーの表示名を変えたかったのですが、管理画面からは変更ができなかったです。
ちょっと変更できないの嫌ですね。
これだったら、ツイッターアカウントで実名じゃない方が気軽にレポートできそうですが、まずは試しなのでいろいろ遊んでみようと思います。

レポハピの無料会員登録はこちら