FX口座開設で20,000円貰えるキャンペーン!

自動車の税金や保険など維持費を軽減。カーシェアリングで賢く稼ぐ!

自動車を所有しようと思うと、保険料や自動車税、燃料費用や駐車場費用など、その他にも諸費用を考えると年間の自動車の維持費は、小型車でも20万ほどかかるそうです。
少しでも維持費を軽減するために、カーシェアサービスのAnyca(エニカ)でカーオーナーになってみませんか?

“(仮)キノ”

こんにちは、キノです。
簡単に車をシェアしてもらえるなら、外車に一度乗ってみたいと最近じわじわと感じているところです。

自動車の維持費はJA共済さんが調べたデータによると、1年間にかかる維持費がコンパクトカー(1.5L)で44万円ほど、Lクラスのミニバン(2.5L)で50万円ほどかかる想定のデータもあるようです。
参考:JA共済

それに加えて車体のローンなどを考えると、年間でかなりの費用をかけている計算になりますね。

知り合いのレンタカー屋さんに聞いたデータだと、1年間にかかる自動車の取得費用(ローン)と車の維持費を計算すると、だいたい100〜120日分のレンタカー費用に相当するそうです。

3日に一度しか車に乗らない方は、車を所有せずに、レンタカーというのもありなのかもしれませんね。

ミニマリストはカーシェアが当たり前

カーシェアリングは、若い世代に増えてきているミニマリストに人気のシェアスタイルです。
生活のスケールを最小限に抑え、自分にとって本当に必要なものだけを揃えることで、かえって豊かに暮らすことができるという考え方で2010年ごろから出てきた新しい価値観です。

最近はシェアという発想にサブスクリプション(定額制)というビジネススタイルも登場し、カーシェアだけでなく、ブランド時計のシェア、ブランドバッグのシェアができるサブスクリプションも人気なようです。

カーシェアリングオーナーになろう

シェアリングサービスが成り立つのも、そこにはオーナー(所有者)がいるからです。

カーシェアリングサービスでは、オーナーが自分の使わない時間帯に空いている自動車をユーザーが借りられるというサービスです。

オーナーは自分が使っていない時間帯の自動車をユーザーに貸し出すことで、一定の報酬を得ることができ、ユーザーは自分が借りたい車種を借りることができるのです。

カーシェアならAnyca(エニカ)がおすすめ




Anycaは、株式会社DeNA SOMPO Mobilityが運営しているサービスです。
個人間でクルマをシェアする新しいスタイルのカーシェアリングで、オーナーそれぞれの個性があるため「乗りたいクルマ」に出会えるサービスです。

Anyca(エニカ)内でクルマをシェアして頂いたオーナーさまの

1台あたりの平均受取金額は、月々¥25,000

参考:Anyca(エニカ)

Anycaの安心・安全なカーシェア体験のための4つの取り組み

Anycaは安心・安全に利用できるようにサポートがしっかりしています。
大手企業のサービスなので、サポート体制も安心ですね。

その1
損保ジャパン日本興亜東京海上日動と連携した保険補償システム

その2
DeNA SOMPO Mobilityがサービス利用やトラブル解決をサポート

その3
健全なユーザーコミュニティを維持する仕組み

その4
Anycaを介したクレジットカード決済なので安心

Anyca(エニカ)のサイトを見てみる

オーナー登録から報酬発生まで

手順1
まずは、オーナー登録
まずは簡単オーナー登録で現在乗っているクルマの情報を登録しましょう。
オーナー登録はこちらから

手順2
予約リクエスト&承認
ユーザーが乗りたい車をリサーチして、オーナーにリクエスト
オーナーは日程を確認した上で承認
手順3
クルマの受渡し
リクエスト承認からは、アプリ内のチャットで簡単コミュニケーション
車の受け渡し場所や時間など、事前にチャットで確認しましょう。
手順4
クルマ返却&翌月末振込
クルマを返却した後は、ユーザーからのレビュー
返却日の翌日を起算日として、翌月に指定口座へ振込みされます。
ガソリン代の補給などは、事前のチャットでやり取りしておきましょう。

簡単カーシェアで維持費を軽減!

いろいろなカーシェアサービスはありますが、オーナーとして登録できるカーシェアサービスはそんなに多くありません。

自分のクルマを一緒に好きになって借りてくれるユーザーがいることで、自分のクルマへの愛着がさらに高まります。

単なるカーシェアではなく、人とつながれるAnycaでカーライフの幅を広げてみませんか?

Anycaのコンセプトムービー


Anyca(エニカ)オーナー登録はこちらから